#15 「悠久の愛」

アリシア:
「ね、ね、ブリジット。
アーサーのこと教えて」

ブリジット:
「アーサーのこと?」

アリシア:
「あ、あいつ自体にはぜ~んぜん興味ないんだけどね。
何て言うかなあ、2人のこと!
興味あるんだ」

サマンサ:
「うふふ……。
アリシアね、ブリジットたちの関係が気になるんだって」

ブリジット:
「そうなの?アーサーは大切なお友達だよ。
中学から高校までずっと文通してたしね」

アリシア:
「へえーっ、文通!!」

ブリジット:
「うん!私たちが13歳の時の話だけど……。
アーサーはアリッドリッジ校に行くことになったんだ。
でもあそこは全寮制でしょ。
ほとんど会えなくなっちゃうから、手紙のやり取りをすることにしたの」

アリシア:
「てかさ、ちょっと待ってちょっと待って。ひとつ良い?
ブリジットたちって何者?あいつとどうやって知り合ったの?」

ブリジット:
「小学生の頃に遊びに行った公園でたまたま知り合ったの。
別に家同士で付き合いがあった、とかではないよ」

サマンサ:
「私たち、貴族じゃないもんね」

アリシア:
「(うおー、これが運命の出会いってやつかあ~っ!
すげーっ!)」

ブリジット:
「それから仲良くなって、で、今に至る、って感じかな!」

サマンサ:
「その説明もすごいけど……」

ブリジット:
「話せば長いからね」

アリシア:
「で、で?何てやり取りしたの?
(ドキドキ……)」

ブリジット:
「うーん……。取り留めのないことかなあ。
学校であった面白いこととか、早くホリデーにならないかなとか」

アリシア:
「……よく続いたね」

ブリジット:
「そうだね。お互い筆まめだったからかも。
でもね、手紙は面倒って思う人も多いかもしれないけど……。
受け取る人の気持ちを思って書けば、意外と書けちゃうよ」

アリシア:
「ははあ、なるほど……そういうことか」

ブリジット:
「何が?」

アリシア:
「ううん、こっちの話」

ブリジット:
「あ、そうだ。今度、アーサーが送ってくれた写真見せてあげる。
アリッドリッジ校の頃のアーサーが見られるよ」

アリシア:
「うおー、見たい!
あそこの制服、燕尾服なんだよね」

サマンサ:
「アーサーは違うよね」

ブリジット:
「うん」

アリシア:
「ほう?」

ブリジット:
「アーサーは『竜の子』だったから」

アリシア:
「聞いたことある!
確か上位貴族の子しかなれないんだよね?」

ブリジット:
「うん。普通は燕尾服なんだけど『竜の子』だと制服が違うみたい」

アリシア:
「『竜の子』か……。
そもそもアリッドリッジ校なんて優秀で良いとこ出のお坊ちゃんしか行けないわけじゃん?
その中から選ばれたってわけでしょ……。
そんで、ウィンデンバーグ大学行って、卒業したらオーク・アルコーブ社に入社!
あいつどんだけエリート街道なわけ!?」

サマンサ:
「アーサーも大変だよね」

ブリジット:
「うん……。
きらびやかな世界は好きじゃないってよく言ってた」

アリシア:
「あー、だから話さないんだ」

ブリジット:
「?」

アリシア:
「あいつがベラミー家のお坊ちゃんってのは知ってるよ。
でもどんな暮らししてたかとかその辺あんまり話題にしないからさ。
こっちは超興味あるのに!
貴族が嫌ならあたしが代わってやりたいよ」

ブリジット:
「ふふ。そしたら社交界に出なくちゃ」

アリシア:
「そうだね、綺麗なおべべ着て!」

ブリジット:
「おべべ?」

アーサー:
「はあ……」

「(最悪だ)」

「(見事にグダグダなプレゼンだった……。
自分でも言ってることが分からなくなった)」

「(クライアントは微笑んでくれたけど、
ノーランドさんを怒らせてしまったし……)」

ノーランド:
今日のザマはなんだ!
貴様はもうスパにでも行って疲れを癒してこい!!
行かなきゃ出勤停止だ!

アーサー:
「(いくら寝不足だからって理由にならないな。反省)」

「あ、サマンサ。
ブリジットは?」

サマンサ:
「帰ったよ」

アーサー:
「まだ間に合うかな。用があって」

サマンサ:
「あ、本当?
今帰ったばかりだから追い付けると思うけど……」

アーサー:
「行ってくる」

サマンサ:
「(……本当に、何でこれで進展しないんだろう……)」

 

Leave a Reply